不動産担保ローンを延滞したらどうなる?

所有している不動産を担保に借入をすることになる不動産担保ローンは、事業資金や不動産投資用資金を借り入れするために利用することができ、担保を提供していることで、カードローン等の比較して低金利で借り入れをすることができます。
主に不動産投資資金などを借り入れすることが多い不動産担保ローンは、担保となる不動産の条件なども厳しくなっています。
もし返済ができなくなってしまった場合、担保として提供した不動産に設定した抵当権を実行することによって、資金を回収することになるので、不動産担保ローン銀行の審査はフリーローンよりハードルは高くなっています。
もし、借入した不動産担保ローンの返済を延滞してしまった場合、債権者である銀行などから催告などがされることとなります。
一度延滞しただけで、すぐに担保不動産の抵当権を実行して競売を行うようなことはありませんが、延滞を繰り返してしまったり、延滞している期間が長くなってしまうと担保不動産が競売にかけられてしまうこととなります。
借入期間の設定は利用する銀行によって違いがありますが、最長で35年の期間とすることができるところもあるので、無理な返済計画を立てないようにしたほうが良いでしょう。
不動産担保ローンでは、担保として不動産を提供していますが、そのほかに保証人を立てることを要求している銀行もあります。
不動産市場価格の値下がりによって、競売だけでは債権を回収しきれないようなこともあるので、保証人に対して返済の請求が行くこともあり得るでしょう。


Comments are closed.